酵素サプリを口コミをもとに賢くセレクト

口コミで人気の酵素サプリランキング

口コミのなかでも評判のよかった酵素サプリ6点を検証し、私なりにランキングしてみました。ランクづけするポイントとしたのは次の3点です。

  • 酵素が生きているか
  • 味や食感を気にせず飲めるか
  • コストパフォーマンスは適当か

これらのポイントをおさえることが、失敗しない酵素サプリ選びの近道といえます。それとあわせて口コミでの評価も加味して比較しました。

評判の酵素サプリ徹底比較!

それでは、さっそく検証結果をご覧ください!

商品名(メーカー) 酵素の力 風味 価格 口コミの評価
【第1位】
 
OM-X
(オーエム・エックス)
 
生酵素なので即効性が期待できる
 
カプセルなので味が気にならない
 
9,150円(90粒。1カ月分)
※定期購入割引あり
「生きている酵素にこだわっているので、効果が現れやすい」
「製造管理システムや安全体制も◎」
【第2位】
 
ハイ・ゲンキ花粉入り
(玄米酵素)
 
錠剤なので酵素の活力は劣る

 
そのままでもボリボリ食べられる
 
5,184円(200g。1カ月分)
「これのおかげで便秘が治った」
「1日の摂取目安が多いのが難点」
【第3位】
 
野草酵素顆粒
(野草酵素)

 
顆粒なので酵素の活力は劣る

 
そのままでもボリボリ食べられる
 
7,560円(140g。1カ月分)
「1日1包と服用目安がわかりやすい」
「味にクセがあり、ヨーグルトなどにかけている」
【第4位】
 
スーパーオータカ
(大高酵素)

 
加熱処理により酵素の力は弱いか

 
独特の味とニオイが結構きつい
 
7,128円(1,200ml。10日分)
「ビンなので携帯性が悪いが、効果は感じる」
「徳用サイズでも、毎日飲み続けると1カ月に3本程度は必要」
【第5位】
 
万田酵素21
(万田発酵)

 
生酵素なので即効性が期待できる
 
風味と食感は服用しづらい

 
11,988円(145g。1ケ月分)
「非加熱、非乾燥なので酵素の力は◎」
「ペーストなので服用しにくい」「効果はあるが味が苦手」
【第6位】
 
エッセンシア
(エッセンシアライズ)

 
加熱処理により酵素の力は弱いか

 
味についてはおおむね評判いい

 
7,890円(720ml。3週間分)
「ほかの飲み物と割ることで味をあきさせないようにしている」
「飲みやすさ重視で酵素ビギナー向けかも」

このような結果になりました。1位となったのは「OM-X」です。

口コミでも生酵素は高評価

ランクづけのポイントとして紹介した、「酵素が生きている」「飲みやすい」「価格も手ごろ」という点を抑えているところが、私がOM-Xを1位に推した理由です。

OM-Xはカプセルなので酵素独特の風味を気にせず飲め、価格も生酵素(酵素が生きている状態のこと)サプリのなかでは低価格といえます。また、夏場はクール便で送られてくるなど、メーカーの「生きた酵素を届ける」という姿勢も評価できます。

より詳しい情報はこちらのサイトで確認してみてください
http://ac.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=66hx56Nv&ai=a544f582018659

酵素は「熱に弱い」という性質があるために、製造過程で加熱してしまうと酵素は「失活」といって活性を失ってしまうことがあります。死んでしまったり、弱ってしまうからです。多くの酵素サプリの摂取方法に「水かぬるま湯で服用」と書いてあるものそのためです。ほかの食品にトッピングして摂取する際も、「70度以上になるものは避けるように」という注意書きもあります。それほど酵素は熱に対してデリケートなのです。

ドリンクや粉末よりもカプセルがいいワケとは

ドリンクの場合は法律上、製造工程で熱を加えることが義務づけられており、「生きた酵素がどれほど残っているのか」という心配があります。また、酵素が働くためには必ず水分も必要です。顆粒や粉末のものも乾燥過程で加熱させているので、ドリンク同様の心配が残ります。

その点、カプセル状のOM-Xや、ペースト状の万田酵素21などは生酵素へのこだわりがみられます。同じ星数でも、万田酵素21を5位としたのはそのためです。

口コミをチェックしても生きた酵素のサプリのほうが、「短い摂取期間で効果を感じられた」「摂取量が少なくすんだ」などの評価を多く見受けました。

ぜひ、このページの情報を参考に失敗のない酵素サプリを選んでいただければと思います。