酵素サプリを口コミをもとに賢くセレクト

【番外編】補酵素って?

補酵素は、酵素の働きを助ける働きをする酵素です。酵素によって作られたものを体のあちこちに届ける働きをもっていて、酵素と補酵素をバランスよく摂取するとより免疫力を高める健康維持に効果があると言われています。

酵素と切り離せないパートナー

酵素は、生きていくうえでとても重要なものです。それは、生命活動の上で最も基本的な作用に必要不可欠なものだからです。そして、酵素はそれだけでは十分に働くことができません。酵素がしっかり働くためのどうしても必要なのが補酵素なのです。

そもそも酵素は、たんぱく質からできていて、それだけでは代謝や消化などの重要な働きをまっとうすることはできません。

そこで必要なのが補酵素です。補酵素の大部分はビタミンです。このビタミンが酵素と一緒になると、ホロ酵素とよばれる有効な酵素となって、さまざまな生命活動を行うことができるようになります。

つまり、補酵素をしっかり摂ることで、酵素の働きがより高められ、体の機能そのものを高めてくれます。

補酵素の実際の働きは、酵素が働くときに必要なものや、酵素の働きによってできたものを届けたり運んだりすることです。ですから、酵素と補酵素はいつもくっついているわけではなく、必要な時だけくっついてそうでない時は別々に存在しています。

補酵素として働く栄養素

  • ビタミンB1…体内で糖を分解してエネルギーに変える
    ※大豆、ニンニク、ねぎ
  • ビタミンB2…体内で脂肪を分解してエネルギーに変える
    ※レバー、イワシ、納豆、ブリ
  • ビタミンB3(ナイアシン)…ダイエットに不可欠。脂肪、炭水化物などの代謝を促す。
    ※カツオ、マグロ、サバ、アジ、たらこ
  • ビタミンB5(パントテン酸)…糖質、たんぱく質、脂質の代謝を促す。
    ※納豆、アボカド、たらこ、マッシュルーム
  • ビタミンb6…たんぱく質、アミノ酸の代謝を促す。
    ※バナナ、カツオ、マグロ、サケ
  • コエンザイムQ10…エネルギーを作る。
    ※カツオ、マグロ、レバー
  • マグネシウム…脂質、糖質、タンパク質の代謝を促す
    ※豆腐などの大豆製品、海草
  • イオウ…脂質、糖質の代謝を促す
    ※イワシ、アスパラガス、セロリ、ねぎ

補酵素の必須量は少量ずつではありますが、確実に摂っておきたい栄養素です。

これらの代謝や補酵素の働きだけでなく、不足するとさまざまな病気を引き起こしたり、体の不調の原因となります。ですから、毎日の食事でバランスよく摂ることが大切です。